東京都中小企業振興公社、新製品・新技術開発助成事業の募集開始

東京都中小企業振興公社、新製品・新技術開発助成事業の募集開始

最大1,500万円の助成金で研究開発を支援
東京都中小企業振興公社、新製品・新技術開発助成事業の申請受付を開始!

東京の産業を活性化するために、新製品・新技術の研究開発を行う中小企業者等や創業予定者に対して、助成金を提供する「新製品・新技術開発助成事業」の募集が、公益財団法人 東京都中小企業振興公社(住所:東京都千代田区神田 理事長:中西 充)により開始されました。申請期間は3月11日(月)から4月5日(金)17時までです。

最大1,500万円を都内の中小企業者等や創業予定者に助成

助成金交付までの流れ

本事業は、都内の中小企業者等や創業予定者が、製品化や実用化につながるハードウェアやソフトウェアの試作品の設計、製作、試験評価などの研究開発を行う際に、必要な経費の一部を助成するものです。助成対象経費は、原材料・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注費、産業財産権出願・導入費、専門家指導費、直接人件費など幅広く、助成限度額は最大1,500万円、助成率は1/2以内となっています。助成対象期間は令和6年9月1日から令和8年5月31日までの最長1年9ヶ月です。

項目内容
対象者①都内の本店又は支店で実質的な事業活動を行っている中小企業者(会社及び個人事業者)等
②都内での創業を具体的に計画している個人
助成対象期間令和6年9月1日~令和8年5月31日(最長1年9か月)
助成対象経費① 原材料・副資材費 ② 機械装置・工具器具費 ③ 委託・外注費
④ 産業財産権出願・導入費 ⑤ 専門家指導費 ⑥ 直接人件費
助成限度額1,500万円
助成率助成対象と認められる経費の1/2以内
事業案内チラシ新製品・新技術開発助成事業-PDF

電子申請システム「Jグランツ」

申請方法は、国(デジタル庁)が提供する電子申請システム「Jグランツ」を利用します。Jグランツを利用するには、「GビズIDプライムアカウント」の発行が必要ですので、事前に準備をお願いします。申請の手順や助成事業の詳細については、公社のホームページをご覧ください。
公式ホームページ:https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/shinseihin.html

本事業は、技術力の強化や新分野の開拓を促進することで、東京の産業の競争力を高めることを目指しています。新製品・新技術の研究開発に取り組む中小企業者等や創業予定者の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

【本件に関するお問い合わせ先】
(公財)東京都中小企業振興公社
助成課 新製品助成事務局
電話 03-3251-7895
メール [email protected]

プレスリリース配信元-公益財団法人東京都中小企業振興公社
https://companydata.tsujigawa.com/company/6010005016605/

関連記事

  1. 博多姉SUNソーラーズ

    博多姉SUNソーラーズ、初期費用0円で太陽光発電リースサービス開始

  2. THE PROTEINから「さくらんぼ」新フレーバー新発売

    THE PROTEINから「さくらんぼ」新フレーバー新発売

  3. 「大島 味噌ラーメン」パワーアップしたカップ麺を新発売

    「大島 味噌ラーメン」パワーアップしたカップ麺を新発売

  4. パルワールド、早期アクセス開始から24時間で200万本突破!不思議なパルとの自由な冒険が話題に!

    パルワールド、アーリーアクセス開始!不思議なパルとの冒険

  5. LOVEBOAT、創業30周年記念に復刻アイテムやコラボ商品を発売

    LOVEBOAT、創業30周年記念に復刻アイテムやコラボ商品を発売

  6. ワタミファームが「第97回東京インターナショナル・ギフト・ショー2024」に出展

    ワタミファームのグラスフェッドミルクアイスが話題に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。