株式会社LucasLand ウェアラブル化学センサーを開発・販売

株式会社LucasLand ウェアラブル化学センサーを開発・販売

株式会社LucasLandは、東京大学との提携により開発した簡便・多目的フレキシブル・ウェアラブル化学センサーを2023年12月25日に販売開始します。

このセンサーは、表面増強ラマン分光法(SERS)と呼ばれる技術を応用した、3次元ナノ構造の超薄型センサーです。センサーは伸び縮み自在で丈夫なため、どこにでも貼り付けてその場で簡便に超高感度な化学測定を行うことができます。

簡単で高度な化学測定が可能

従来の化学測定は専門知識と時間を要するものとされてきましたが、LucasLandのセンサーは表面増強ラマン分光法(SERS)を応用することで、簡単かつ詳細な化学測定を可能にします。センサーをハサミで切り、分析したい物質に貼り付けてレーザーを当てるだけで測定が行えます。センサーの裏側には糊が塗られており、様々なものに貼り付けることができます。また、従来のSERSセンサーと異なり、この超薄型センサーは両面がセンサー機能を果たすため、測りたい物質の上に貼り付けるだけで測定が可能です。物質に含まれる化学種をたった5秒ほどで検出することができます。

様々な場面で応用可能な柔軟なセンサー

LucasLandのセンサーは柔軟性と耐久性を兼ね備えており、ヒトの肌やキーボード、衣服などにも貼り付けることができます。これにより、健康管理やスポーツ科学の分野での使用はもちろん、涙や尿などに含まれる微量の代謝物質の検出や犯罪捜査にも応用可能です。さらに、食品安全検査にも利用できます。SERSはサンプルを破壊しないため、食品の品質を損なうことなく残留農薬の検出が可能です。

安価で実用的なセンサー

LucasLandのセンサーは、表面増強ラマン分光法(SERS)を用いた安価で実用的なセンサーです。従来のSERSセンサーは高価であったため、実用化が難しいとされていましたが、LucasLandは革新的な製造法により、コストを抑えながら感度を高めることに成功しました。

今後の展開

LucasLandは、東京大学との提携による研究成果が評価され、起業支援プログラムやアクセラレータープログラムに採択されました。今後も品質の向上に努め、SERSセンサーの多分野への展開及び産業化を目指していきます。

【会社概要】

  • 社名:株式会社LucasLand
  • 本社所在地:東京都千代田区神田小川町3丁目28番地5 Axelお茶の水2階C01
  • 代表取締役:古屋 哲郎
  • 事業内容:理化学機器製造・販売
  • 設立:2022年04月
  • HP:http://www.lucasland.jp/jp.html

■プレスリリース配信元-株式会社LucasLand
https://companydata.tsujigawa.com/company/1010001226162/

関連記事

  1. パティスリーユウタオグラ(東京都調布市西つつじヶ丘)では、3月後半から春のイチゴフェアを開催

    【春のイチゴフェア】若き天才パティシエが農家とコラボ!

  2. 特別企画『肉フェス』を2024年4月21日に開催!

    特別企画『肉フェス』を2024年4月21日に開催!

  3. ヒルバレーからバレンタインにぴったりの新フレーバー【ショコラクランチ】が登場!

    ヒルバレーがバレンタイン限定フレーバー【ショコラクランチ】販売

  4. 全自動制御のスピーカー「Auto Speaker」

    全自動制御のスピーカー「Auto Speaker」発売

  5. 「バーバリー」英国の伝統を纏う、持続可能な未来への新章

    「バーバリー」英国の伝統を纏う、持続可能な未来への新章

  6. 特選和牛と羽釜ご飯の名店【焼肉ハウス 大将軍】が2月1日開店!

    特選和牛と羽釜ご飯の名店【焼肉ハウス 大将軍】が2月1日開店!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。