「Pro Medica」医師の働き方改革に対応-高額バイト情報サービス

「Pro Medica」医師の働き方改革に対応-高額バイト情報サービス

医師の働き方改革に先駆けて高額スポットバイト情報サービス
「Pro Medica」をリリースしたNext Medica株式会社

医療業界の人材不足を解決するNext Medica株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役医師:大川 裕輝)は、医師の働き方改革に対応した高額スポットバイト情報サービス「Pro Medica」をリリースしました。

Pro Medicaについて

Pro Medicaについて

Pro Medicaは、医師の「質」と「待遇」を一致させるサービスです。医師は、自分のスキルや経験に応じたインセンティブが設定された求人案件を見つけることができます。また、勤務後の評価に基づいて会員評価ランクが決まり、ランクが高いほどさらに高いインセンティブが得られます。最大でベース給から1.5倍の待遇を受けることが可能です。

Pro Medicaは、2024年4月以降に適用される医師の働き方改革に対応しています。医師の時間外労働は、勤務先の医療機関だけでなく、非常勤やアルバイト先でも制限されます。そのため、医師は収入を維持するために、高待遇のアルバイトを効率良く探す必要があります。

Pro Medicaは、医師が「頑張っても評価されない世界から、努力するだけ報われる世界」へと移行できるサービスです。医師は、自分の能力や貢献に見合った報酬を得ることができます。医療機関は、質の高い医師を確保できます。患者は、受診のお断りが減り、丁寧な診察を受けられます。Pro Medicaは、医療の三方良しを実現し、持続可能な次世代の医療を支えるサービスです。

Pro Medicaへの先行登録受付中

Pro Medicaは、現在先行登録を受け付けています。先行登録者には、特別招待コードを配布しています。特別招待コードを入力すると、サービスの利用開始時に優先的にアクセスできます。先行登録は、Pro Medica公式LINEから行えます。特別招待コードは期間限定ですので、お早めにご登録ください。

Pro Medica公式LINE:https://lin.ee/m51NHos
特別招待コード(期間限定)【202402】
上記数字をサービス内紹介者コードに入力してください

Next Medica株式会社は、「努力する人を正しく評価する」世界を作ることをミッションとしています。医療系人材に関する課題を解決する事業を展開しており、医療機関の伴走支援型採用コンサルティング「DocToru」、医療系求人データベース「Medica Bank」などのサービスを提供しています。Next Medica株式会社は、医療を中心から変革し、持続可能な次世代の医療を実現することを目指しています。

Next Medica株式会社の会社概要

医療を中心から変革し、持続可能な次世代の医療を実現する
会社名Next Medica株式会社
事業内容医療系人材に関する事業
提供事業医療機関の伴走支援型採用コンサルティング「DocToru」
月額制採用プラットフォーム「Pro Medica」
医療系求人データベース「Medica Bank」
ミッション「努力する人を正しく評価する」世界を作る
ビジョン医療を中心から変革し持続可能な次世代の医療を実現する
所在地東京都千代田区外神田6-15-4-2F Air-Era
代表者代表取締役 大川 裕輝
電話番号03-6825-0686
メールアドレス[email protected]
ウェブサイトhttps://nextmedica.co.jp/

プレスリリース配信元-Next Medica株式会社
https://companydata.tsujigawa.com/company/6010001220193/

関連記事

  1. 『PICTURE BOOK』が支援総額2億円突破

    支援総額2億円を突破!『PICTURE BOOK』~夢への挑戦と応援

  2. 杷木松末アウトドヴィレッジ

    杷木松末アウトドアヴィレッジの年末年始のイベント

  3. IR資料作成代行サービスマテダス

    IR資料作成代行「マテダス」とIR資料翻訳「マテダス翻訳」公開

  4. 北王流通株式会社、正社員への賞与・報酬支給を年4回に増加

    北王流通株式会社、正社員への賞与・報酬支給を年4回に増加

  5. アーニーカラー、障害者就労施設とのコラボレーションで地域貢献

    アーニーカラー、障害者就労施設との提携で地域貢献

  6. やっぱりステーキが9周年記念で大盤振る舞い!

    やっぱりステーキが9周年記念で大盤振る舞い!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。