アシスがメタバース技術を活用した災害支援の新たな取り組み

メタバース技術を活用した災害支援の新たな取り組み:佐賀大学と東京工科大学との共同研究が始動

メタバース技術を活用した災害支援の新たな取り組み
佐賀大学と東京工科大学との共同研究が始動

株式会社アシス(本社:佐賀県多久市/代表者:笹川 俊⼀)は、佐賀大学医学部看護学科の鈴木智惠子教授を中心とする研究チームとの共同研究契約を2024年1月に締結したことを発表いたします。この契約は、アシスが開発した直感型メタバース「Open Metaverse Portal」(以下、OMP)を活用した災害支援システム及びコンテンツの開発に関するものです。

OMPは、佐賀県内の災害支援をモデルケースとして、全国で発生する災害・防災関連に対応したシステム及びコンテンツの共同研究を行うプラットフォームです。今後、産学連携を通じて、この取り組みをさらに推進してまいります。

取組みの背景
佐賀県は過去に水害に見舞われた経験があり、そのたびに自治体からの避難の呼びかけや避難指示が出されています。しかし、新型コロナウイルスの影響により、「在宅避難」が増えており、早期に避難所へ移動する人々が減少しています。この問題を解決するため、当社はメタバースを活用した災害支援の取り組みを開始します。

具体的には、支援人材の体制強化、教育の推進、住民への避難場所の認知向上、施設利用のメリットの啓発などを目指しています。現在、治水対策などのハード面での取り組みが進められていますが、住民の安心・安全な生活を守るためのソフト面での取り組みも重要であると考えています。

佐賀大学、東京工科大学との共同研究契約を締結

共同研究内容
この共同研究は、佐賀県内だけでなく、全国の大規模な災害時に住民の安心・安全な生活を守るための心や身体のソフト面での災害支援コンテンツおよびシステム開発を目指しています。

共同研究メンバーには、国立大学法人佐賀大学医学部看護学科の鈴木智惠子教授(代表)、東京工科大学医療保健学部臨床工学科の田仲浩平教授、国立大学法人佐賀大学全学教育機構の米満潔特任講師、国立大学法人佐賀大学医学部看護学科の大坪美由紀助教が参加しています。

株式会社アシスについて
株式会社アシスは、直感型メタバース「Open Metaverse Portal」(OMP)の開発を手がけており、OMPは全国で発生する災害・防災関連に対応したシステム及びコンテンツの共同研究を行うプラットフォームとして活用されています。

会社名:株式会社アシス(英名 ASYS Inc. ) 
代表:代表取締役 笹川 俊一
資本金:300万円
所在地:佐賀県多久市北多久町大字小侍5694番地
事業内容

  • システム開発、販売及びコンサルティング業務
  • 保険代理店
  • 衣類・雑貨等の販売
  • 飲食店経営

プレスリリース配信元-株式会社アシス
https://companydata.tsujigawa.com/company/1300002005172/

関連記事

  1. bitFlyerがエイプコイン(APE)とチリーズ(CHZ)の取扱いを発表

  2. ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜のシェフたちが贈るストロベリーの饗宴!

    ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜のシェフたちが贈るストロベリーの饗宴!

  3. 『神統記(テオゴニア)』最新刊 - 第11巻、4月5日発売!

    『神統記(テオゴニア)』最新刊 – 第11巻、4月5日発売!

  4. エチゴビール新商品林檎とハーブの微笑みエール2024

    エチゴビールが林檎とハーブの微笑みエールをリニューアル発売 ~世界各国の素材を使った、微笑みが広がるエールビール~

  5. エルフトークン(ELF Token)の IEO を bitFlyer で開始!

    エルフトークン(ELF Token)の IEO を bitFlyer で開始!

  6. 工藤静香が初のオーケストラ公演を開催!名曲の新たな魅力披露

    工藤静香が初のオーケストラ公演を開催!名曲の新たな魅力披露

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。