ダウンタウン松本人志、活動休止へ 報道を受けて裁判に専念

吉本興業、松本人志の活動休止と関連問題に関するお知らせ

吉本興業株式会社(住所:大阪府大阪市中央区、代表取締役:岡本 昭彦)は1月8日(月)、所属タレントのダウンタウン・松本人志が、週刊誌に掲載された記事に関する裁判に専念するため、当面の間芸能活動を休止することを発表した。

吉本興業からの松本人志の今後の活動に関するお知らせ(原文)
当社所属タレントである松本人志 (以下、 松本)につきまして以下のとおりご報告いたします。
はじめに、昨年12月27日以降の様々な報道により、 関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けし、 また、 いつも応援してくださっている皆様に対し、大変なご心配をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます。
同日発売の週刊誌に掲載された記事に対する当社の認識は、既にコメントを出しているとおりでございます。
しかしながら、その後、 当社及び松本だけでなく、 お取引先を含めた関係者の皆様に対しても問い合わせ等が相次ぎ、 松本のテレビ出演を巡る記事が度々掲載されるなどしておりますところ、このたび、松本から、 まずは様々な記事と対峙して、 裁判に注力したい旨の申入れがございました。 そして、 このまま芸能活動を継続すれば、さらに多くの関係者や共演者の皆様に多大なご迷惑とご負担をお掛けすることになる一方で、 裁判との同時並行ではこれまでのようにお笑いに全力を傾けることができなくなってしまうため、当面の間活動を休止したい旨の強い意志が示されたことから、当社としましても、 様々な事情を考慮し、本人の意志を尊重することといたしました。

吉本興業の対応
同社は公式サイトで、昨年12月27日以降の報道により、関係者やファンにご迷惑とご心配をお掛けしていることを謝罪し、週刊誌の記事に対する認識は上記のように既にコメントしたとおりであることを明らかにした。

その上で、松本からの申し入れに基づき、活動休止を決定したことを説明した。松本は、様々な記事と対峙して、裁判に注力したいという強い意志を示し、芸能活動を継続すれば、さらに多くの関係者や共演者に迷惑と負担をかけることになると判断したという。同社は、松本の意志を尊重し、事情を考慮した上で、活動休止を受け入れたとした。

同社は、突然の活動休止により、放送局や関係者に大変なご迷惑をお掛けすることをお詫びし、ファンには更なるご心配をお掛けすることを申し訳なく思うとしながらも、松本の復帰をお待ちいただくようお願いした。

■プレスリリース配信元-吉本興業株式会社
https://companydata.tsujigawa.com/company/2120001126730/

関連記事

  1. ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜のシェフたちが贈るストロベリーの饗宴!

    ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜のシェフたちが贈るストロベリーの饗宴!

  2. エルフトークン(ELF Token)の IEO を bitFlyer で開始!

    エルフトークン(ELF Token)の IEO を bitFlyer で開始!

  3. 柿内尚文の最新刊「このプリン、いま食べるか?ガマンするか?」

    柿内尚文の最新刊「このプリン、いま食べるか?ガマンするか?」

  4. 『職場環境ドットコム』新たな労働相談サービスの開始

    『職場環境ドットコム』新たな労働相談サービスの開始

  5. ディオールが第49回セザール賞で輝く:ドレスを纏ったセレブ

    ディオールが第49回セザール賞で輝く:ドレスを纏ったセレブ

  6. ブルガリホテル東京が提供 2024年バレンタインデー特別プラン

    ブルガリホテル東京が提供 2024年バレンタインデー特別プラン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。