「お酒の美術館 富小路店」2024年1月4日(木)にグランドオープン

「お酒の美術館 富小路店」、2024年1月4日(木)にグランドオープン!

株式会社NBG(本社:京都市中京区 代表取締役:冨士元 明仁)は、2024年1月4日(木)に、京都市中京区西大文字町599に全国76店舗目となる「お酒の美術館 富小路店」をオープンいたします。

「お酒の美術館」は、阪急地下通路12番出口から徒歩わずか2分の錦市場のすぐ横に誕生します。この場所は、京都の台所として知られる錦市場の活気ある雰囲気と、歴史的な富小路通りの風情が調和し、訪れる方々に特別なひとときを提供します。

店内には、ウイスキーやブランデーをはじめとした希少なオールドボトルを数多く取り揃えております。また、休売・終売となったジャパニーズウイスキーやスコッチウイスキーなど、珍しいお酒も多数ご用意しております。お酒の美術館は、酒造りの歴史や製法に関する知識を提供しながら、お客様に多様なお酒を楽しんでいただける場をご提供いたします。

豊富な種類のお酒を取り揃えています

店内は落ち着いた雰囲気でありながらも、アットホームな雰囲気を大切にしています。地元の方々や観光客、さらには訪日外国人の方々にも気軽にお酒を楽しんでいただけるバーとして、お客様の多様なニーズに応えることを目指しています。特にインバウンドのお客様には、豊富なジャパニーズウイスキーと英語メニューをご用意しており、心地よい時間を過ごしていただけるよう努めています。

「お酒の美術館」では、チャージ無料、一杯500円~と手頃な価格帯でお酒を提供しております。学生や若い女性のほか、お勤め帰りのサラリーマン、訪日外国人、終売のボトルを懐かしむ中高年など、幅広い方々に支持されています。私たちは、バー文化をあらゆる生活シーンに広めることを目指しており、通常店舗に加えて、コンビニ、スーパー、駅構内などとのコラボレーションも積極的に行っています。これにより、お客様が気軽にお酒を楽しむことができる環境を提供しています。

「お酒の美術館 富小路店」の店舗概要は以下の通りです。

店舗概要

  • 住所:京都市中京区西大文字町599 京都錦HKビル1階
  • 開店日時:2024年1月4日(木) 15時(※4日のみ15:00からのオープン)
  • 営業時間:12:00~22:00
  • 定休日 :月曜日(祝日の場合は火曜日)
  • 店舗面積:13.2坪
  • 席数:21席(最大収容可能) カウンター11席、テーブル5卓、10席

「お酒の美術館 富小路店」のオープニングを迎え、私たちはお客様にお酒の楽しさを提供することを心よりお待ちしております。皆さまのお越しを心からお待ちしております。

■プレスリリース配信元-株式会社NBG
https://companydata.tsujigawa.com/company/5130001053194/

関連記事

  1. デフリンピック選手と交流する手話イベントを渋谷で開催

    デフリンピック選手と交流する手話イベントを渋谷で開催

  2. メタバース技術を活用した災害支援の新たな取り組み:佐賀大学と東京工科大学との共同研究が始動

    アシスがメタバース技術を活用した災害支援の新たな取り組み

  3. 15メートルUSB Type-C光ファイバーケーブルが登場

    15メートルUSB Type-C光ファイバーケーブルが登場

  4. 「GORIX」スポーツ用偏光サングラスGS-POLA548を発表

    「GORIX」スポーツ用偏光サングラスGS-POLA548を発表

  5. 小麦の奴隷がとろ生チョコバスクチーズケーキを2月1日から発売

    小麦の奴隷がとろ生チョコバスクチーズケーキを2月1日から発売

  6. ヒゲの隊長・佐藤正久が解説する令和自衛隊の抜本的強化

    ヒゲの隊長・佐藤正久の著書で令和自衛隊の全貌を描く

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。