伝統工芸品「蛇ノ目切子」が新サイズで登場!ギフトショーで初公開

伝統工芸品「蛇ノ目切子」が新サイズで登場!ギフトショーで初公開

「蛇ノ目切子」が新サイズで魅せる!
東京都知事賞受賞の伝統工芸品がぐい吞みサイズになってギフトショーに出展

東京都が主催する伝統工芸品のプロジェクト「東京手仕事」で最高の栄誉である「東京都知事賞」を獲得した「蛇ノ目切子」が、新たなサイズでお目見えします。これは、多くのお客様からのご要望に応えて開発されたぐい吞みサイズ(H60、口径60)で、2月6日から開催される東京インターナショナル・ギフトショー春2024年で初めて公開されます。

また、2024年2月15日からは、椎名切子(GLASS-LAB株式会社 東京都江東区/代表取締役 椎名 隆行)のECサイト( https://glasslab.official.ec/ )で数量限定で販売されます。

椎名切子のオリジナルブランド

椎名切子のオリジナルブランド

「蛇ノ目切子」は、江戸切子の技法の一つ「平切子」を用いて、側面に細かい切子模様を施した硝子器です。底部には、蛇の目のような模様があり、お酒を注ぐと、側面の切子と相まって美しい反射を見せます。この仕掛け切子は、椎名切子のオリジナルで、「砂切子」という名前でブランド化されています。

椎名切子について

椎名切子について

椎名切子は、1950年に創業した椎名硝子加工所の後継者で、江戸切子やサンドブラストなどの硝子加工の技術を受け継いでいます。創業者の椎名三男は、あらゆる硝子加工に精通していました。二代目の椎名康夫は、日本でも希少な平切子の職人として活躍しています。三代目の椎名康之は、サンドブラストの技術を磨き、0.09mmという極細の線を描くことができます。椎名切子は、この二つの技術を組み合わせて、新しい江戸切子の可能性を追求しています。

蛇ノ目切子 ぐい吞みの商品詳細

蛇ノ目切子 ぐい吞みの商品詳細
左が従来のサイズ(H75、口径75)、右がぐい吞み(H60、口径60)サイズ

商品名:蛇ノ目切子 ぐい吞み
サイズ(直径×高さ):最大径60mm×高さ60mm
カラーバリエーション:1.蛇ノ目切子 ぐい吞み 瑠璃 ¥33,000‐
           2.蛇ノ目切子 ぐい吞み 銅赤 ¥33,000‐
販売先https://glasslab.official.ec/

プレスリリース配信元-GLASS-LAB株式会社
https://companydata.tsujigawa.com/company/6010601054719/

関連記事

  1. BlueMemeと九州大学が「ネットワークAI統計解析共同研究部門」を設立

    BlueMemeと九州大学が「ネットワークAI統計解析共同研究部門」を設立

  2. 感謝の気持ちを込めて、室蘭プリンスホテルと第二プリンスホテル室蘭ビューが600フォロワー記念の特別宿泊プランを発表!

    X フォロワー600人突破記念!室蘭プリンスホテルの特別プラン

  3. 「とべ温泉」がサブスクリプションで地域コミュニティを再燃

    「とべ温泉」がサブスクリプションで地域コミュニティを再燃

  4. 加藤純一 presents「第二回 配信者ハイパーゲーム大会」 オフィシャルグッズの事前配送販売開始とチケットの二次先行抽選受付開始のお知らせ

    加藤純一 主催 [第二回配信者ハイパーゲーム大会]公式グッズとチケットの事前販売開始

  5. MastercardとのパートナーシップでCoDigitalがLINE・Yahoo!広告の割引特典を提供開始

    Mastercardとの提携で株式会社CoDigitalが広告の割引特典を提供

  6. 「日清の最強どん兵衛 カレーうどん」新味登場!2月19日発売

    「日清の最強どん兵衛 カレーうどん」新味登場!2月19日発売

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。