プレスリリースの書き方と配信するメリット

プレスリリースの書き方と配信するメリット

プレスリリースの書き方とメリット、広報活動に欠かせないツールを効果的に活用しよう

プレスリリースとは、企業や団体が自らの活動や情報を報道機関に向けて発表する公式文書のことです。プレスリリースを配信することには、メディアに取り上げられる可能性や信頼性の向上、ビジネスチャンスの拡大など、さまざまなメリットがあります。しかし、プレスリリースを書くには、ニュース性やメディアフック、文章構成や配信方法など、注意すべきポイントがたくさんあります。この記事では、プレスリリースの書き方とメリットについて、具体的な例文やテンプレートを交えながら解説していきます。

プレスリリースを書くときには、以下の5つの基本構成を意識しましょう。

  • 発信日・発信者
  • タイトル・見出し
  • リード文
  • 本文
  • 問い合わせ先

それぞれの要素について詳しく見ていきましょう。

発信日・発信者

発信日は、西暦で年月日を書き、プレスリリースを配信した日を記載します。発信者は、企業や団体名を正式名称で書きましょう。発信日と発信者は、プレスリリースの右上に記載するのが一般的です。

例:

2024年1月4日
株式会社全国企業データベース

タイトル・見出し
タイトルは、プレスリリースの内容を端的に表すもので、30文字前後にまとめるのが理想です。タイトルで興味を持った記者がリード文や本文を読み進めるかどうかを判断するので、一番伝えたいことに絞り込み、簡潔にまとめましょう。サブタイトルを添えてタイトルを補足してもよいでしょう。

例:

全国企業データベースが企業向けプレスリリース配信機能を追加

リード文
リード文は、プレスリリース全体の要約として、タイトルの次に読まれるものです。タイトルと同様に、プレスリリースの内容が興味のあるものかどうか、読み手が判断する材料となります。素早く読めること、わかりやすいことが必要とされます。リード文は5〜6行にまとめるのが理想です。伝えたい情報を整理し、過不足なく記載することが重要です。

例:

株式会社SPL(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木 幸太郎)は、全国の企業情報を網羅したデータベースサービス「全国企業データベース」に、プレスリリース配信機能を追加したことを発表します。この新機能により、登録企業は自社の最新情報を全国企業データベースのユーザーやメディアに簡単に発信できるようになります。

本文
プレスリリースの本文では、リード文に書いたことをさらに詳しく書きます。具体的には、「結、起・承・転」の構成で結論から書きます。写真やグラフなども活用し、視覚的に読みやすい内容にしていくことが大切です。本文はA4サイズの用紙で1〜2枚に収めるのが目安です。

例:

株式会社SPLは、全国の企業情報を網羅したデータベースサービス「全国企業データベース」を運営しています。全国企業データベースは、企業の基本情報や業績、ニュース、採用情報などを一元的に検索・閲覧できるサービスで、ビジネスに役立つ情報を提供しています。

このたび、全国企業データベースにプレスリリース配信機能を追加しました。この新機能により、登録企業は自社の最新情報を全国企業データベースのユーザーやメディアに簡単に発信できるようになります。プレスリリースは、全国企業データベースのウェブサイトやアプリで閲覧できるほか、メールマガジンやSNSで配信されます。また、プレスリリースには、企業のロゴや写真、動画などを添付できるので、より魅力的に情報を伝えることができます。

プレスリリース配信機能は、全国企業データベースの登録企業であれば、無料で利用できます。プレスリリースの作成や配信は、全国企業データベースのウェブサイトやアプリから簡単に行えます。プレスリリースの書き方については、全国企業データベースのヘルプページやブログで参考になる記事を提供しています。

株式会社SPLは、プレスリリース配信機能の追加により、登録企業の情報発信力を高めるとともに、全国企業データベースのユーザーやメディアにとって有益な情報を提供することを目指しています。今後も、全国企業データベースのサービスの充実と改善に努めてまいります。

問い合わせ先
プレスリリースの最後には、問い合わせ先を記載します。問い合わせ先には、企業や団体の住所、電話番号、メールアドレス、ウェブサイトなどの連絡先を明記します。また、担当者の氏名や役職も記載すると、より信頼感が高まります。問い合わせ先は、プレスリリースの左下に記載するのが一般的です。

例:

【問い合わせ先】
株式会社全国企業データベース
東京都港区芝公園1-1-1
TEL:○○-○○○○-○○○○
E-mail:info@○○○○
URL:https://companydata.tsujigawa.com/
担当:広報部 全国太郎

プレスリリースを配信することには、以下のようなメリットがあります。

  • メディアに取り上げられる可能性が高まる
  • 企業や団体の知名度や信頼性が向上する
  • ビジネスチャンスやパートナーシップが拡大する
  • SEO効果やSNS拡散効果が期待できる
  • コストパフォーマンスが高い

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.メディアに取り上げられる可能性が高まる
プレスリリースを配信することで、メディアに自らの活動や情報をアピールすることができます。メディアは、プレスリリースをニュースの素材として利用することが多く、プレスリリースに書かれた内容がニュース性や社会性が高いものであれば、記事や番組として取り上げてくれる可能性が高まります。メディアに取り上げられることで、自らのメッセージを広く伝えることができます。

2.企業や団体の知名度や信頼性が向上する
プレスリリースを配信することで、自らの活動や情報を公開することができます。プレスリリースは、企業や団体の公式文書として、正確で信頼できる情報を提供することが期待されます。プレスリリースによって、自らの存在や価値をアピールすることができます。プレスリリースを通じて、自らのブランドイメージやコーポレートアイデンティティを高めることができます。

3.ビジネスチャンスやパートナーシップが拡大する
プレスリリースを配信することで、自らの活動や情報を関係者に伝えることができます。プレスリリースは、メディアだけでなく、顧客や取引先、投資家、スポンサー、協力団体など、さまざまなステークホルダーに向けて発信することができます。プレスリリースによって、自らの製品やサービス、プロジェクトやイベントなどを紹介することができます。プレスリリースを通じて、自らのビジネスチャンスやパートナーシップを拡大することができます。

4.SEO効果やSNS拡散効果が期待できる
プレスリリースを配信することで、自らの活動や情報をインターネット上に公開することができます。プレスリリースは、検索エンジンやSNSなど、オンラインメディアにも配信されます。プレスリリースには、自らのウェブサイトやアプリなどのリンクを貼ることができます。プレスリリースによって、自らのウェブサイトやアプリのアクセス数やダウンロード数を増やすことができます。プレスリリースを通じて、自らのSEO効果やSNS拡散効果を高めることができます。

5.コストパフォーマンスが高い
プレスリリースを配信することで、自らの活動や情報を低コストで広く伝えることができます。プレスリリースは、広告や宣伝と比べて、コストパフォーマンスが高いと言われています。プレスリリースは、自らの情報をメディアに提供することで、メディアの露出を得ることができます。プレスリリースによって、自らの情報を第三者の視点から伝えることができます。プレスリリースを通じて、自らの情報の信頼性や説得力を高めることができます。

まとめ
プレスリリースは、広報活動に欠かせないツールです。プレスリリースを配信することには、メディアに取り上げられる可能性や信頼性の向上、ビジネスチャンスの拡大など、さまざまなメリットがあります。プレスリリースを書くときには、ニュース性やメディアフック、文章構成や配信方法など、注意すべきポイントがたくさんあります。この記事では、プレスリリースの書き方とメリットについて、具体的な例文やテンプレートを交えながら解説しました。プレスリリースを効果的に活用して、自らの活動や情報を広く伝えましょう。